応力発光とは摩擦、衝撃、 圧縮、引張などの機械的外力により発光 する現象であり、励起源が従来の電子線、X線、放射線、電界、化学反応とは異なる新規な発光材料です。
この応力発光は独立行政法人産業技術総合研究所 徐超男主任研究員らにより鋭意研究され、この度、機械的エネルギーの小さい 弾性変形領域において可逆的に発光 する新規な応力発光材料が開発されました。(写真1、2)
写真1. 擦った所が光ります 写真2. 押さえた所が光ります

大光炉材株式会社では独立行政法人産業技術総合研究所と共同研究契約を締結し、高輝度応力発光材料の開発ならびに製品の実用化研究を進めています。 アプリケーションとして粉体や焼結体を始め、樹脂との混合、金属や紙への塗布など様々な形態を開発しております。(動画参照)

写真3. 樹脂との混合例 応力発光動画(再生にはAdobe Flash Playerが必要です)

現在、供給可能な応力発光材料 有償粉体サンプルの概要を下記に示します。


組成吊 TAIKO*ML*1
形態 粉体 (中心粒径 5~10μm)
発光スペクトル 520nm付近
発光色

緑色
最大輝度

約 10cd/m2 (樹脂混合ペレット使用 圧縮荷重 1KN 時)
サンプル価格 10g入り  お問い合わせ下さい
お支払い方法 宅急便の代引き渡し
(別途、消費税、送料、代引き手数料が必要です)

注意事項

大変申し訳ありませんが有償紛体サンプルのご提供は使用目的等を別紙の
応力発光材料調査表にご記入頂き、ご利用規定に同意して頂くことが前提条件となります。